メインエントランス と イサム・ノグチ

2014/08/14

ohori

mikuni entrance

レストラン正面の皇居のお堀、北桔橋門(きたはねばしもん)と

ラー・エ・ミクニ のメインエントランス。

レストランから望む皇居のお堀のような、重厚な石積みのアプローチがレストランまで続いています。

美術館が閉館する夕方以降は入口がわかりづらく、よく「どこから入るの?」とお問合せも頂きますが、

その重厚さは明るい時間も外国人のお客様がよく、美術館のエントランスと間違えて入っていらっしゃる程です。

 

階段の上からはイサム・ノグチの巨大な名作『門』を間近に鑑賞することができます。

『門』はイサム・ノグチの生前、「赤」「赤+黒」「青」「黄+黒」の4バージョンで塗り替えられていたことから、

現在でも塗り替えの度にその4バージョンを守り続けています。

現在は「赤+黒」の彩りで、1969年の設置以来これまで1度しか実現されていない色合いだそうです。

建築家・谷口吉郎 設計による美術館本館、シンボルともいえるイサム・ノグチの巨大な『門』、皇居のお堀と共存する環境。

 

ラー・エ・ミクニのメインエントランスから、

国立美術館として日本一歴史のあるMOMATならではの楽しみを感じて頂けます。

 

ブログ一覧へ

Recommend おすすめ情報